JR西広島駅自由通路等整備工事 – 2019.03 仮設駅舎の準備すすむ

西広島駅周辺地区

西広島駅では、

アストラムライン延伸や駅北側の土地区画整理事業などが計画されており、

広島市の西の玄関口として将来的に大きく変貌することが予想されています。

こうしたことを踏まえ、JR西日本と広島市により橋上駅舎の建設が計画され、

2017年12月には二者間で自由通路を建設する契約が締結されました。

この契約をもとに、2019年2月から自由通路を含む新しい駅舎への建て替え工事が開始されました。

新たな交通の拠点となるこの工事と南口駅前広場再整備に、

広島市からは総額約59億円が投じられます。

 

JR西広島駅自由通路 完成イメージ

(出典:広島市)

 

これまでの記事です。

JR西広島駅再整備案の詳細が明らかに! 2019.01
西広島駅では、 アストラムライン延伸や駅北側の土地区画整理事業などが計画されており、 広島市の西の玄関口として将来的に大きく変貌することが予想されています。 こうしたことを踏まえ、JR西日本と広島市によって、 橋上駅...

 

JR西広島駅自由通路の詳細イメージが公開! 2019.02
西広島駅では、 アストラムライン延伸や駅北側の土地区画整理事業などが計画されており、 広島市の西の玄関口として将来的に大きく変貌することが予想されています。 こうしたことを踏まえ、JR西日本と広島市により橋上駅舎の建設が計...

 

 

2019年3月現在の建設状況(東口)

西広島駅東口駅舎 完成イメージ

(出典:広島市)

 

 

 

東口駅舎の改札付近の様子です。

特に工事が始まったという様子もなく、平静としています。

 

少し移動し、上に掲げたイメージパースに近いアングルから東口駅舎を撮ってみました。

(逆光で空の大半が白飛びしていますが、ご容赦ください・・・)

 

 

いつものことですが、現在の駅舎からの変わり映えが凄まじいなと感じます。

駅舎本体には目立った変化が見られませんでしたが、画像右側に少し写り込んでいるように

お手洗いに近い一角が仮囲いで覆われています。月極駐車場だったあたりです。

 

 

仮囲いには「西広島駅支障移転他工事」と題された看板が掲げられていました。

先ほどの画像にある駅舎の解体に先行し、工事期間中に使用される仮設駅舎の建設が進められています。

 

 

ゲートから内部を覗いてみると、既にアスファルト舗装は概ね剥がされ、

以前ホーム上にあった木造の構造物は解体されていました。

 

来週、遅くても再来週には仮設駅舎の基礎工事が始まるものと予想します。

 

西広島駅にほど近い「己斐中踏切」からも構造物がなくなっているのを確認できました。

 

2019年3月の建設状況(西口)

西広島駅西口駅舎 完成イメージ

(出典:広島市)

 

西口も可能な限り完成時に近いアングルから撮ってみましたが、

ご覧の通り全く想像がつきません。

 

西口ではこれから土地区画整理事業が行われる予定で、

駅前広場となる部分は現状レンタルボックス・駐車場となっています。

 

少し下がってみました。

 

ただ、こちら側においても工事の足音は確実に近づいてきており、

現地を訪れた際には整地が行われていました。

こちら側での土地区画整理事業はまだ時間がかかりますので、

この場所が橋上駅舎の工事ヤードとなるのかもしれません。

 

 

西における広島の新たな交通の拠点となるこの工事は、

2021年春に自由通路の暫定開業

2022年度末に橋上駅舎・南口駅前広場を含めた全面開業の予定です。

 

コメント

 


 【コメントについて】
・お名前(ハンドルネーム)は、荒らし対策のため必須入力とさせていただきます。
・承認制となっておりますので、コメントが反映されるまでに多少お時間をいただく場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました