JR西広島駅自由通路等整備工事 2020.03 – 仮設駅舎,完成間近.

西広島駅周辺地区

西広島駅では,

アストラムライン延伸や駅北側の土地区画整理事業などが計画されており,

広島市の西の玄関口として将来的に大きく変貌することが予想されています.

こうしたことを踏まえ,JR西日本と広島市により橋上駅舎の建設が計画され,

2017年12月には二者間で自由通路を建設する契約が締結されました.

この契約をもとに,2019年2月から自由通路を含む新しい駅舎への建て替え工事が開始されました.

新たな交通の拠点となるこの工事と南口駅前広場再整備に,

広島市からは総額約59億円が投じられます.

 

JR西広島駅自由通路 完成イメージ

(出典:広島市)

 

前回の状況です.(2019年3月)

JR西広島駅自由通路等整備工事 - 2019.03 仮設駅舎の準備すすむ
西広島駅では, アストラムライン延伸や駅北側の土地区画整理事業などが計画されており, 広島市の西の玄関口として将来的に大きく変貌することが予想されています. こうしたことを踏まえ,JR西日本と広島市により橋上駅舎の建設が計...

 

前回から間が伸びてしまった感が否めないですが,橋上駅舎新設工事進捗状況をお伝えします.

 

仮設駅舎の全貌あらわる

 

まず,駅舎全景です.

 

私にとって今回の西広島駅訪問はおよそ半年ぶりとなりますが,その半年の間に,橋上駅新設工事の期間中用いられる仮設駅舎がほぼ完成しているようです.

 


1年前の様子

(2019年3月撮影)

前回の記事より流用しました.

この画像でいう右端仮囲いの部分仮設駅舎建設されました.


 

新たに建設された仮設駅舎です.

 

2022年度末を予定する橋上駅舎全面開業までの暫定駅舎ですので,約3年間使用されることになります.

暫定の割にはしっかりとした造りとなっています.

余談ですが・・・仮設駅舎に用いられているアルミパネル(外装材)は,広島駅北口増床部の西端,あるいはエレベーターシャフトで見覚えのあるような気がします.

駅名が記された看板は依然としてシートで隠されているようですが,既に仮設駅舎へ取り付けられているのがわかります.

 

 

さて,新たに東口(南口)改札となる付近へと移動します.

 

 

建物自体はほぼ完成しているように見えますが,サイン類は未だ設置されていません.

自動改札機を取り付けるための穴が地面に空いています.これを見る限りだと,改札は5レーンとなるようです.

 

視線を左へ移します.

 

券売機が設置されるであろう穴がぽっかりと空いていますね.

現状通り,近距離券売機2台・みどりの券売機1台(計3台)の設置となりそうです.

また,撮影当時は運賃表(路線図)がありませんでしたが,現在は取り付けられているようです(ref. : Twitter).

 

さらに左へ移動します.

 

画像のように,南口ロータリーへ向けて自動ドアが2箇所に設置されています.

まず左側,画像手前にはセブンイレブン・ハートインが西方より移転してくるものと思われます.

中を覗くと既に冷蔵ショーケースが設置されていました.

 

続いて右側,画像奥にはみどりの窓口ができるものとみられます.

中にはカウンター記載台のようなものが見受けられます.

 

最後に

 

現在の南改札口付近から南口仮設駅舎の方面を向いてみました.

 

今回新たに建設された西広島駅の南口仮設駅舎は,来たる3月29日から供用が開始されます(出典:JR西日本(PDF)).

古くから利用されてきた駅舎も残り数ヶ月で見納めになると考えると感慨深いものがありますね.

これも一種世代交代,マチの衣替えです.

 

西における広島の新たな交通の拠点となるこの工事は,

2021年春に自由通路の暫定開業

2022年度末に橋上駅舎・南口駅前広場を含めた全面開業の予定です.

コメント

  1. 結構しっかりめなんですね!やる気感じます

 


 【コメントについて】
・お名前(ハンドルネーム)は、荒らし対策のため必須入力とさせていただきます。
・承認制となっておりますので、コメントが反映されるまでに多少お時間をいただく場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました