“広島駅が変わる!”「広島駅ビル」建て替え計画の詳細が明らかに!!完成イメージも! - 2019.03

駅ビル建て替え・駅前大橋線関連

 

今宵は宴じゃああああああああ!!!!!!( ^ o ^ )/

 

2014年9月に、広島電鉄駅前大橋線が高架で駅構内へ直接乗り入れる方針が盛り込まれた

「広島駅南口広場の再整備等に係る基本方針」が広島市により策定され、

およそ5年の長い期間にわたり駅ビルの建て替えを前提とした検討が進められてきましたが、

2019年3月15日の午前10時頃、広島市・JR西日本・広島電鉄3者の共同記者会見により、

広島駅ビルの建て替え計画についての詳細発表がありました!!

 

プレスリリースによると、広島駅の駅ビル「ASSE」を2020年春に閉館し、

2025年春ころの開業を目標に、20階建ての新しい駅ビルに建て替えるそうです!

 

JR西日本から出されたプレスリリースはこちらです。

広島駅ビルの建て替え計画:JR西日本

 

新たな広島駅ビルは、

地上20階・地下1階建てで、最高部の高さはおよそ100mとなります!

 

現在の広島駅ビル「ASSE」です。

 

広島駅ビルは、広島民衆駅として1965年12月に完成し、

開業当時は「ひろしま駅ビル」と呼称されていました。

 

(2014年10月開催 「広島駅の歴史展」より)

 

 

開業から55年弱が経過した現代では、

設備面や天井高など多くの面をとっても時代遅れとなっており、

かつ老朽化が進んでいました。

 

 新しい広島駅ビルの完成イメージと建物概要

 

 

【建物概要】

 

着工予定2020年4月
竣工予定2025年3月末予定
建設主西日本旅客鉄道・JR西日本不動産開発・中国SC開発・
ジェイアール西日本ホテル開発
施工未定
階数地上20階・地下1階
高さ約100m
敷地面積約14,000㎡
延床面積約111,000㎡
容積率約792%

 

<全体コンセプト>

広島・瀬戸内の玄関にふさわしく、広島に新たな賑わい交流感動を創出する施設となることを目指す。

 

RCCより)

 

いや〜非常に驚きました!!!

これまで新聞等では縮小を検討、最大でも同等の規模を維持と報道されていたので、

かなり良い意味で期待を裏切られました!!

 

現在の駅ビル「ASSE」の延べ床面積は26,400㎡ですので、

実際には大きく規模を拡大することになります。

 

 

 新しい駅ビルのフロア構成について

 

新しい広島駅ビルは、以下のような構成になります。

 

←西   東→

 

広島電鉄が乗り入れるあたりを隔てて、大きく二つのエリアに分けられます。

ここでは便宜上、「西エリア」「東エリア」に分類させていただきます。

 

 

まず、「西エリア」「東エリア」B1F・2~6Fに、ショッピングセンターが整備されます!

 

現在の駅ビル「ASSE」や「ekie」を運営している「中国SC開発」が運営します。

店舗面積はおよそ25,000㎡となる予定です。

現在の駅ビル「ASSE」の店舗面積は10,961㎡ですので、おおよそ2.3倍の規模となります!!

 

これについてJR西日本の真鍋前社長は、2014年の取材に対して

「現駅ビルのASSEとekieを合わせた店舗面積(約20,000㎡)を減少することはあっても上回ることはない」

と明言されていましたが、実際に蓋を開けてみると合わせて約34,000㎡でしたので、

当時の方針が覆されたことになります!

 

JR西日本の中期経営計画において3大プロジェクトに掲げられたことで、

建て替えるのであれば中途半端でなく立派なものを、となったのかもしれません。

 

<開発コンセプト>

・多種多様な店舗を揃え、広島を訪れる方々や地域の方々に様々なシーンでご利用いただける施設に。

・屋上などの広場を活用して賑わいや交流、憩いの場を創出

 

「西エリア」高層部には、ホテルヴィスキオが誕生!

 

「西エリア」の高層部(8F〜20F)には、「ジェイアール西日本不動産開発」が主体となり、

宿泊特化型ホテル「ホテルヴィスキオ」ブランドを開業させます。

部屋数はおよそ400室程度となります。

 

「ホテルヴィスキオ」は現在、大阪と尼崎にてホテルを展開させており、

今年5月には京都にも誕生する予定です。

 

運営は「ホテルグランヴィア広島」が行うとのことですので、

実質的な別館と言っても良いでしょう。

 

<開発コンセプト>

・駅北のホテルグランヴィア広島とあわせ、国内外から訪れる方々の多様なニーズに対応し、

洗練されたデザインのホテルを目指す。

 

「東エリア」上層階に松竹系のシネコンが!!

 

「東エリア」上層階(7・8F)に、シネマコンプレックスが進出します!

これまで映画を見に行くとなると、商工センター地区や府中町と言った郊外に流れがちだったので、

広島市中心部への滞在時間を増やす意味でもこれは素晴らしいと思います

 

シネコンの運営は「松竹マルチプレックスシアターズ(SMT)」となります。

全国各地で「MOVIX」「ピカデリー」を運営している企業です。

 

なお、SMTは広島県内において初めての進出です。

 

路面電車が直接2階へ乗り入れ!乗り換えが便利に

 

 

新しい広島駅ビルでは、

路面電車が高架線を通り、直接駅構内へ乗り入れるようになります!

 

広島駅自由通路から雨に濡れることなく、かつフラットに繋がり、

駅と歩行者空間、商業施設が一体となった魅力的な空間となります!

 

線路上空には、駅のシンボルとして平和を願う白色の折り鶴をモチーフにした大屋根が設けられます。

 

RCCより)

 

 新しい路面電車のりばの完成イメージ!

 

広島電鉄の新しい「広島駅電停」となるあたりのイメージパースです。

 

 

画像中央右あたりを拡大した画像がこちら。

TSSより)

 

一言、言葉が出ないです。(矛盾?笑)

 

ガレリアのような大空間に路面電車が直接乗り入れ、

特徴的な都市景観を形成しています!!

 

雰囲気としては、仙台駅自由通路「杜の陽だまりガレリア」に、

路面電車を取り込んだイメージが近いでしょうか。

(2017年7月撮影 @仙台駅自由通路)

 

 

当初、私はこのようなイメージを持っていました。

 

先日の記事でもご紹介したライトレール大国の玄関口、「富山駅」です。

「あいの風とやま鉄道・JR西日本 富山駅」- 3月4日 "完全" 高架駅に!!2019.02
 2019年3月4日、あいの風・JR富山駅が高架化全面開業!! 北陸新幹線の開業に伴い北陸本線の一部区間をJR西日本から承継した あいの風とやま鉄道の富山駅では、JR時代の2005年から進めてきた 同駅の高架化が3月4...

 

富山市で路面電車を展開する「富山地方鉄道」は、

富山駅の1F構内(高架下)に直接乗り入れています。

広島駅の路面電車ターミナルも、

これを大きくした無機質なものになるのだろう・・・と勝手に思い込んでいましたが

実際に蓋を開けてみると、1つの観光名所にもなりうるような立派な佇まいに感服です!!

 

 まとめ

 

今後の整備スケジュールについてですが、

・2020年3月  現駅ビル閉館

・2020年4月〜 建て替え開始

・2025年春頃   新駅ビル開業予定

となっています。

 

詳しくは、以前の記事でご紹介しています。

広島駅ビルの "建て替え" に向けた、具体的なタイムスケジュールが判明! 2019.02
広島駅では、 2012年から進められ、2017年10月に全体が完成した駅改良・橋上駅化工事に留まらず、 新幹線口広場の再整備・ペデストリアンデッキ整備といった歩行者空間の再構築や、 昨年9月にはエキナカの商業施設である"e...

 

JR西日本では中期経営計画において、

不動産事業にて「大阪駅」「三宮駅」「広島駅」の整備を3大プロジェクトに名づけ、

重点的な投資が行われています。

 

新しい広島駅ビルが完成すると、

JR西日本管内では延べ床面積で「大阪駅」「京都駅」に次ぐ3番目の規模となります。

中四国を代表する都市の玄関口としてふさわしい、立派な駅ビルとなりますね!

 

駅ビルの建て替えをきっかけにして、

マチ全体でこれまで以上の「にぎわい」「活力」につながることを期待します!

 

広島駅南口の「マチびらき」が、いよいよ始まります!!!!!

 

 

コメント

  1. 本当にすごい発表が来ましたね!
    数年前のJR西社長の駅ビルに関しての話は残念に思いながら、広島の地力ではそれが限界だと思って諦めていましたが、今回の発表はそれをいい意味で裏切る素晴らしい発表だったと思います
    路面電車乗り場も仙台駅の東西自由通路の「杜の陽だまりガレリア」を彷彿とさせるような素晴らしいデザインでこのまま計画通り進んだ姿をぜひ見てみたいです
    本当に続報が待ち遠しい!!

    • コメントありがとうございます!
      そうですね、これこそ長年の間待ち望んでいた広島の玄関口です!!
      以前のJR西日本社長の取材では、後進的、あるいは現状維持といった発言が多く目立ったので、かなり思い切った開発なのではと思います。
      言われてみれば確かに仙台駅の自由通路に雰囲気が似ていますね。以前訪れた際の写真が残っていたので、追記させていただきました。
      これが1番最初のイメージパースですので、これから完成までに何カ所かの修正が入るとは思われますが、新しい広島駅の姿に期待を馳せたいと思います!

  2. 以前のJR西日本管内で三大都市を決めるとすれば、京都、大阪、神戸でほぼ間違いなかったですが、これだと広島が京都か神戸どっちかを抜いて3番目、或いは京都、神戸両方とも抜いて2番目になるかもしれませんね。
    実際3大プロジェクトは大阪、神戸、広島、3大駅ビルは京都、大阪、広島になるそうですし、上から目線ですみませんが広島の発展ぶりには思わず脱帽です。

    • 関西人さん
      コメントいただきありがとうございます!
      京阪神地区は一つの大都市圏とするか、または独立した都市とするかで見方が変わってきますが、駅ビルの延べ床でみると大阪、京都に次いで第3位となります。
      ただ、いくら第3位とはいえ、第2位の京都とは歴然の差(京都約20万㎡、広島約11㎡)がありますし、駅周辺部の商業環境もそれぞれ異なりますので、駅ビルの規模≒都市の規模とは一概に言えないと思います。
      しかし、近年では想像のつかないほど大規模な開発が広島駅周辺で相次いでおり、これまで膠着していた開発が一気に進んでいる実感がします!
      関西地区には流石に敵わないですが、瀬戸内の核となるようなエリアになれば嬉しいです。

  3. 素晴らしい内容にほっとしたというかわくわくしています。
    これに先行して竣工予定の東郵便局が完成すれば、広島駅南口はほぼ完ぺきな駅前になりますね!
    近県からの集客が見込めますね。これで名実友の中枢管理都市としての広島が完成する気がします。

    PS管理人さん、建物概要の竣工年月が今月末になっていますよ(^^)そんな魔法があればいいのですが・・・

    • カッチンさん
      コメントありがとうございます!
      東郵便局やフタバ図書でも再開発の噂がありますが、これらも含めて完遂するといよいよ拠点性が段違いになりますね!
      誤植のご指摘、ありがとうございます。早急に編集いたしました。竣工より着工の方が遅いってどういうことなのでしょうか・・・^^;
      毎記事何かしらのミスをしている気がするので、そろそろ気をつけたいと思います(笑)

 


 【コメントについて】
・お名前(ハンドルネーム)は、荒らし対策のため必須入力とさせていただきます。
・承認制となっておりますので、コメントが反映されるまでに多少お時間をいただく場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました