損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル 新築工事 2019.08

大手町・紙屋町地区

損保ジャパン日本興亜は,広島市中区紙屋町に所有し長らく使用されていなかった「損保ジャパン・東京建物広島ビル」建て替えを進めています.

建て替えられる新しいビルの名称は「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」となる予定です.

 

 

完成イメージ

(出典:広島市 PDFファイル)

 

損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル

【建物概要】

 

着工2017年11月1日
竣工2020年3月(予定)
建設主損保ジャパン日本興亜株式会社
設計
株式会社三菱地所設計
施工
損保ジャパン日本興亜 広島紙屋町ビル新築工事共同企業体
(大成建設・増岡組・砂原組JV)
階数地上13階・地下1階
高さ54.24m
敷地面積1,238.77 m²
延床面積約13,038.55 m²
容積率約1,053%

 

近ごろの広島市中心部は,容積率(敷地面積に対する延床面積)が1,000%を超える建物の計画が増えてきています.

マチの厚みがどんどん増しますね

 

8月21日における現地の状況をお伝えします.

 

 

 

地下部分の構築が終わり,いよいよ地上部の躯体工事が始まりました.

東側には広島電鉄三井不動産が共同で開発した「広島トランヴェールビルディング」が所在しています.

中間部にある「広島日興ビル」は,ほぼ同じ高さとなる2本のビルに挟まれる格好になります.

 

 

私が取材した地点では3階部分の構築が始まったタイミングでしたが,他のブログによると現在は5階の一部分の躯体が構築されているようです.

鉄骨造はやはりあっという間に進みますね.

 

向きを変えて見上げてみます.

 

 

広島市におけるCBDは,これからも変化を遂げていきます.

 

「損保ジャパン日本興亜広島紙屋町ビル」は,来年3月竣工を迎える予定です.

 

コメント

 


 【コメントについて】
・お名前(ハンドルネーム)は、荒らし対策のため必須入力とさせていただきます。
・承認制となっておりますので、コメントが反映されるまでに多少お時間をいただく場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました