ツインタワーとなったエディオン広島本店! 2019.08

大手町・紙屋町地区

広島発祥である家電量販店「エディオン」が進めてきた

広島本店「本館」の建て替え工事が2019年6月に完了し,

2012年に完成した「新館」とのツインタワーとして6月25日にリニューアルオープンを迎えました!

 

リニューアルオープンに際して,かつての本館は「東館」に,また新館は「西館」に呼称が改められました.

 

2017年6月から進められた建て替え工事ですが,丸2年の歳月をかけて行われたものになります.

 

このブログで当プロジェクトを取り上げるのは初めてですが,Twitterに数回ほど建設状況をツイートしたものがあったので,ご紹介します.

 

 

まずはこちら.2017年7月のツイートです.

解体の第1段階として,周囲に騒音や解体に従うゴミが飛散しないようにするための防音壁が設置されています.

 

 

 

一気に飛びますが,2018年9月です.

ツイート内では「新本館」という表現をしていますが,現在の「東館」です.

基礎工事が完了し,地上部の躯体工事が始まりました.

 

 

 

続いて2018年10月.文言の統一性が取れていないので紛らわしいですが,

大手町エディオンは現在の「西館」紙屋町エディオンは現在の「東館」です.

前回のツイート(9月22日)から今回のツイート(10月9日)の間,わずか2週間強で最上階までの構築が完了したことになります.鉄骨造の組み上げは本当に早いです.

 

また,当時の「新館」の4階部分に連絡通路(空中回廊)のための穴を開ける工事をしていました.

 

 

 

そして今年3月のツイートです.

概ね工事が完了し,防音シートが撤去されている最中の画像です.

双子のビル誕生の瞬間です.

(私が広島を発ったのはこの翌日,31日でした..)

 

さて,リニューアルオープンについて既に取り上げられている方々が多くいらっしゃるので,

私は簡潔なものにとどめておきます.

 

まず大きく目を引くのはこちら.

 

 

巨大なメッシュサイネージが設置されました.

2〜3階にまたがる部分では主に広島本店で行われるイベント等の広告,

1階の歩道に面する部分では主に中国新聞ニュースや各スポンサーの広告が流されているようです.

 

 

 

地下街の紙屋町シャレオに通じる連絡階段も復活しました.

建物に取り込まれる構造になりましたね.

 

 

西館の1階にはタリーズコーヒーが入居.

店内の撮影は禁止されているのでご紹介できませんが,贅沢な空間の使い方に驚きます.

 

 

東館の定礎板では,新元号が拝めました.

 

 

電線が非常に見苦しいですが,三方向をエディオンのロゴに囲まれる様子はまさにエディオンタウンの様相でした.

 

関連リンク:エディオン 広島本店

 

(撮影 2019年8月)

コメント

 


 【コメントについて】
・お名前(ハンドルネーム)は、荒らし対策のため必須入力とさせていただきます。
・承認制となっておりますので、コメントが反映されるまでに多少お時間をいただく場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました